不動産投資が増加しています

Posted on 25 of 6月, 2016 by

不動産投資は高い利回りが期待できます

不動産投資が増加しており、その背景には高い利回りが期待できることがあります。賃貸収入の投資に対する比率が利回りであって、その利回りが金融資産への投資と比較して高いのです。マイナス金利の影響で預貯金の利回りはゼロに等しい環境にあります。株式や債券などの金融商品の相場も不安定ですので、金融商品以外への投資が増加しているのです。その代表的なものが賃貸不動産への投資であって高いリターンが期待できる可能性があります。

税務面のメリットもあります

不動産投資の大きなメリットの一つは税務面です。減価償却費という現金の支出のない経費が税務上の経費として認められますので、賃貸収益が上がっていても実際に支払う税金は収益よりも大幅に少なくできる場合があるのです。当然のことながら建物には経年劣化もありますし、定期的なリフォームも補修工事なども必要になります。しかし、減価償却費は帳簿上の経費であって、税務面では大きなメリットであることは間違いありません。

入居率と賃料水準が重要です

賃貸不動産への投資において、高い利回りを確保するために重要なことは入居率を確保しながら賃料水準を維持することです。建物が経年劣化すると入居率は低下する傾向にありますし、賃料も安くなります。賃料を高く設定したのでは入居率を確保できなくなります。不動産投資で常に高い利回りを確保することは困難ですし、利回りが低下したために不動産を売却しようとすると投資した元本を回収できないようなこともあり得ます。賃貸不動産への投資は魅力ある投資ではありますがリスクもあるのです。

札幌市豊平区の賃貸マンションは、安全性だけじゃなく快適に暮らすための設備なども整っている賃貸マンションです。