賃貸住宅の何階に住む?各階ごとにあるメリット!

Posted on 13 of 3月, 2016 by

賃貸住宅の一階のメリットは?

マンションなどの高階層賃貸住宅に住む場合、住む階が何階なのかによって得られるメリットは変ってきます。賃貸住宅一階のメリットは、何といっても出る時、入る時の便利さです。四階や五階に住んでいると階段やエレベーターを使用しなければなりません。階段での荷物運びは大変ですし、エレベーターがなかなか来なければ待たなければなりません。しかし一階に住めば、そういったストレスは発生しません。災害時に素早く非難したいという人が選ぶ賃貸マンションなら一階に限るでしょう。

賃貸住宅中階層に住むメリットは?

一階はビルの外に出る時は非常に楽なのですが、防犯面においては今ひとつ不安が残ります。賃貸住宅の三階、四階に住むメリットでは、出入りには多少不便さがあるものの、防犯対策が強化されることは間違いありません。中階層にある住宅の強みは、空き巣が入りにくいといったところです。住宅の一階は、逃げ場があるため狙われやすいのですが、中階層の住宅は逃げ場がなく、空き巣にとっては犯行を計画し難いのです。中階層に住むメリットを一言で言うと、犯罪から身を守れることでしょう。

高層の賃貸、最上階に住むメリットは?

最上階に住む上でのメリットをいくつか挙げてみましょう。一つ目は最高の眺めです。最上階から見える景色にこころを奪われることもあるでしょう。自宅の窓から見渡す景色が絶景であれば、友人や知人を招いた際にも感動させることが出来ます。二つ目は風通しや陽当たりです。最上階のベランダは風通し、陽当たり共に最高ですから、洗濯にはもってこいの場所と言えます。洗濯物が良く乾くというのも大きなメリットです。素晴らしい景観の一戸建て住宅でも洗濯物が乾かない環境にあれば、良い住宅とは言えません。

函館市の賃貸マンションは、ダブルオートロック機能といった防犯セキュリティが取り付けられているのが魅力な賃貸マンションです。