どちらが良いの?新築・中古マンションのそれぞれの特徴とは?

Posted on 22 of 2月, 2016 by

新築と中古に共通しているマンションのメリット

新築・中古を問わず、マンション住宅には一戸建て住宅にない様々なメリットがありますよね。マンション住宅は、鉄筋コンクリート構造となっている事で耐震性や耐火性が高い事やほとんどのマンションでエントランスにオートロックがあったり監視カメラが設置されていたりと安心して暮らす事が出来る環境が整っています。また、駅から徒歩数分以内に建てられている事で通勤・通学をスムーズにする事が出来たり、買い物をする事が出来る店舗も多いといった周辺環境の良さも魅力です。

新築マンションにしかないメリットって?

新築マンションにしかないメリットと聞くと「誰も住んだ事がない事で綺麗」といったイメージを持つ方が多いですよね。それ以外にも最新の設備が導入されている事で快適に暮らす事が出来ます。高いイメージがある費用面でも、仲介業者を通さない事で購入費用以外かからなかったり、税制面で優遇される事も珍しくないんですよ。また、管理費や修繕積立金の計画がしっかりとしているといった長期間暮らす事が出来るように細かな点まで配慮されています。

中古マンションにしかないメリットって?

中古マンションは、同じ地域でも新築マンションと比較すると安い価格で購入する事が出来る事がメリットですよね。近年では、フルリフォームをしてから中古販売する方も多くなっているので新築マンションと同等の綺麗さや設備となっている中古マンションをすぐに見付ける事も出来ます。それ以外でも、実際の物件を下見する事が出来る事や生活環境や入居者の様子を知る事が出来るといった点も中古マンションならではのメリットです。

函館市は、北海道の南西部に位置しており、北海道の中では降雪量が比較的少ない気候となっており、夏は涼しく過ごしやすい気候となっています。そのため、函館のマンションならとても過ごしやすくなっています。