税金、修繕、自治会…貸住宅に住むメリット!

Posted on 21 of 2月, 2016 by

賃貸なら面倒な税金がない?

皆さんは固定資産税という税金を知っているでしょうか。持ち家だという人なら毎年10万円以上は払わなければならないはずです。固定資産税は土地や家屋を所有している人が納税しなければならない税金なのです。この固定資産税というものは、賃貸住宅に住んでいる人なら一切払わずに済みます。マイホームを所有していれば、毎年土地の調査のため役所等で手続きしなければならないのでとても面倒なのですが、賃貸物件に住んでいれば、そんな面倒はありません。賃貸住宅のメリットを考えてみるとお得なところが結構あります。

賃貸なら管理会社がメンテナンスしてくれる!

賃貸住宅のメリットはまだあります。一軒家を所有した場合、建てた時は勿論新築でその美しさや見栄えに満足することが出来ますが、月日が経てば新築の面影など微塵もなくなってしまうでしょう。まして20年、30年という歳月が過ぎれば、リフォームせざるを得ませんし、修繕費用は勿論自費です。その点、賃貸物件に住んでいれば、管理会社側で全て受け持ってくれるというメリットがあります。賃貸においては管理会社や大家さんが、壁、窓、浴槽、トイレ、部屋のあらゆる部分においてメンテナンスをやってもらえるので非常に楽なのです。

自治会に入らなくても…

アパートにしろ、マンションにしろ、賃貸住宅ならば自治会に入らなくても特に問題はありません。賃貸住宅に住んでいる人は、いつどこへ引越ししてもおかしくないので、自治会側も無理に入ってもらおうとはしません。マイホームを持っていれば、自治会の集会などには必ず出席しなければなりませんし、そういったことを考えずに暮らせる賃貸住宅はやっぱり気楽で自由度が高いと言えます。例え自治体に入ってたとしても賃貸住宅に住んでいる人が、会長などの重要なポストを担当することはまずないでしょう。

賃貸アパートやマンションを借りる際、インターネットで簡単に探すことができるようになりましたが、実際に部屋の中を見せてもらうことも重要です。